1. 山と湖の写真
  2. 山の写真
  3. パラグライダー
  4. 山と湖の写真

トップページ > 医師紹介

医師紹介

丸山優子医師

丸山耕一医師

院長丸山俊郎

丸山成一医師

院長 丸山 優子(まるやま ゆうこ)

ごあいさつ

川添丸山眼科は、昭和58年の開院以来、地域医療に微力でも貢献し目の健康を常に考えて、眼科診療に努めております。我々職員一同、良質の医療を提供するのみならず、必要に応じて関連医療機関と病診連携を行うことを実践しております。

丸山俊郎先生

経歴

昭和38年 大阪医科大学 卒業

昭和38年 大阪医科大学大学院(病理学)入学

昭和40年 大阪医科大学眼科 学内留学

昭和42年 大阪医科大学大学院卒業 学位修得

昭和43年 丸山眼科医院 開設

昭和58年 川添丸山眼科 開設

平成  2年 医療法人 視恩会 川添丸山眼科 設立

役職

高槻市医師会 会長

▲ ページ上部へ戻る ▲

医師 丸山 耕一(まるやま こういち)

ごあいさつ

およそ20年間にわたって大学病院や地域の基幹病院で勤務し、そこで得た知識と技術そして経験を元にして診療に携わります。同時に、眼科医療に関する情報を蓄積し日々研鑽することも忘れません。わかりやすく納得のいく説明、それぞれの方に適した検査と治療を行うことにより、健康維持と目の病気の克服に少しでもお力添えできるよう努力してまいります。

丸山耕一先生

経歴

平成  1年  3月 近畿大学医学部 卒業

平成  1年  6月 近畿大学医学部眼科学教室 入局

平成  7年  3月 医学博士号取得

平成  7年  4月 近畿大学医学部眼科 助手

平成11年  4月 近畿大学医学部眼科 病院講師

平成12年  4月 生長会府中病院眼科 副部長

平成13年10月 ルイジアナ州立大学 LSU EYE CENTER留学

平成15年  6月 若弘会若草第一病院眼科 科長

平成17年  1月 近畿大学医学部眼科 医学部講師

平成21年  4月 川添丸山眼科 副院長

平成21年  4月 近畿大学医学部眼科非常勤講師

平成21年  4月 大阪医科大学眼科非常勤講師

平成19年日本眼炎症学会 理事(2期)

平成21年大阪府眼科医会 理事

平成28年日本眼炎症学会 評議員

所属学会

日本眼科学会、日本眼炎症学会、日本神経眼科学会、アメリカ眼科学会議(AAO)

▲ ページ上部へ戻る ▲

眼科専門医

■ 医師 丸山 俊郎(まるやま としろう)

ごあいさつ

川添丸山眼科は、地域に根ざした診療所として、目の健康を維持し安心して生活できるように、良質な眼科医療の提供に努めています。常に丁寧な診察とわかりやすい説明、そして適確な治療と病診連携を行うことで、地域医療に貢献してまいります。

丸山俊郎先生

経歴

昭和38年 大阪医科大学 卒業

昭和43年 京都大学医学研究科大学院卒業 学位修得

昭和43年 丸山眼科医院 開院

平成  2年 医療法人 視生会 丸山眼科医院 設立

平成25年 高槻市医師会看護学校 校長

役職

一般社団法人 大阪府眼科医会 議長

▲ ページ上部へ戻る ▲

形成外科専門医

医師 丸山 成一(まるやま せいいち)

ごあいさつ

大阪府高槻市で生まれ眼科医の両親のもとこの地で育った私ですが、実は両親と同じ眼科医を目指すことはなく、身体の失った組織や機能の再建、やけどや子供の先天異常を治す形成外科医になりました。
大学病院で形成外科学を修練し、その後は美容外科学、レーザー医学を学びました。

成一先生

現在は小耳症(しょうじしょう)という先天的に耳のない子供の治療をライフワークとし、眼瞼下垂や若返りの手術など日々診療を行っています。もともと絵や工作が好きだった私は自分の特技を生かせる医業は何かと考えたときに、形成外科が真っ先に頭に浮かび我武者羅に技術の習得に明け暮れ、両親を異なる立場からサポート出来るようになりました。そこで数年前より実家の丸山眼科で眼瞼下垂を中心に形成外科専門医として患者様の治療にあたっています。眼瞼下垂は上まぶたの皮膚が加齢とともに垂れ下がることや、目を上げる筋肉が弱くなってくるため、目が開きづらくなり日常生活に支障がでます。よく指で瞼を引き上げ「先生!こうすると楽だわ」とおっしゃる患者様が大勢います。 “形成外科の技術”で目を上げる筋肉の機能を回復、そして“美容外科の技術”で見た目も綺麗にするので、眼瞼下垂の手術を行ったあとは、楽に目が開き安くなるだけでなく、見た目が若返るのでとても喜んで頂いています。丸山眼科では眼瞼下垂だけでなく、美容外科専門医あるいはレーザー専門医の立場からお肌の悩みや、シミ、しわ、たるみなどのご相談も承っておりますので、何でも気軽にお声がけ下さい。

資格

■日本形成外科学会専門医

■日本美容外科学会専門医(JSAPS)

※日本美容外科学会(JSAPS)において信頼できる医師として認定・紹介されております。JSAPSは、形成外科専門医が主体となる学会です。

■日本レーザー医学会専門医・指導医

■日本臨床皮膚外科学会専門医

経歴

1996年 3月川崎医科大学 卒業
1999年 5月形成外科・美容外科のパイオニアでもある冨士森良輔先生のもとで形成外科・美容外科を学ぶ。
2000年この年から4年間、大阪医科大学形成外科上田教授のもとで助手のポストを務め、フォト・フェイシャル(IPL)治療などを行い、論文、学会、講演等を多数こなす。
2004年小耳症手術で世界的に有名な永田悟先生のもとで、小耳症手術を学ぶ。また同時に一般形成外科・美容外科・レーザー治療などを行う。
2004年4月日本形成外科学会専門医 取得
2004年5月日本レーザー医学会認定医 取得
2005年永田小耳症形成外科クリニックが開業し、小耳症手術、美容外科手術、レーザー治療などを行う。そこで様々な国の形成外科の専門医たちと交流を深める。
2005年5月同年5月にはイギリス・バーミンガム大学でデモンストレート手術を行う。 ※外国で手術を行う場合は厚生省からテンポラリー・ライセンス(外国での手術に必要な免許証)を取得する必要があります。
2005年7月日本臨床皮膚外科学会専門医 取得
2006年9月2006年9月15日 神奈川県藤沢市に長年の夢だった個人美容クリニックである「ヒルズ美容クリニック」を開院し現在にいたる。 また最近では、大阪のゾンタクラブの「女性のための健康講座」で「最新の美容外科事情」について講演を行なう。
2010年10月日本レーザー医学会専門医 取得
日本レーザー医学会指導医 取得
2013年10月神奈川県藤沢市、藤沢駅前の男性の薄毛・抜け毛・AGA、女性のびまん性脱毛症治療院「藤沢駅前AGAクリニック」をプロデュース。形成外科、美容外科の立場からサポート。
2016年10月日本美容外科学会認定専門医 取得

学会・講演

2003年 「フォトフェイシャル施術の実際」を広島で講演

2008年 「最新の美容外科事情」を大阪で講演

2012年 「小耳症手術」に関する内容をベトナム・ハノイで発表

2012年 「ヒアルロン酸」に関する内容をベトナム・ハノイで発表

2013年 「アクアミド注入の危険性」に関する内容を台湾で発表

2014年 「15番メスだけで頭皮から分層採皮を行うテクニック」を函館で発表

2015年 「手背部に対する光治療の有効性」に関する内容を東京で発表

2016年 「吸収性filler:ヒアルロン酸」に関する内容を大阪で発表

2017年 「身体醜形障害」に関する内容を台湾で発表

▲ ページ上部へ戻る ▲