子どもの近視

子どもの近視

■子どもの近視が増えている

近視とは、黒目(角膜)の頂点から目の底(眼底の網膜)までの長さ、つまり眼球の前後方向の長さ(眼軸)と、角膜や水晶体の屈折力の強さによって、遠方からきた光線が網膜の手前で焦点を結ぶ状態をいいます。このため、遠くの像がぼやけてみえてしまうため、眼鏡による矯正が必要となります。

軸性近視

図:軸性近視

近視は小学校や中学校の世代に眼軸長が伸びることによる軸性近視が多く、眼鏡によって矯正できる単純近視がそのほとんどを占めます。 実際、平成30年度の文部科学省の調査結果をみると、裸眼視力(眼鏡をかけない視力)が1.0未満に低下している割合は、幼稚園26.68%、小学校34.10%、中学校56.04%、高等学校67.23%となっています。 さらに裸眼視力0.3 未満の割合は、幼稚園0.87%、小学校9.28%、中学校25.54%、高等学校39.34%となっていて、小学生の約10人に1人、中学生の4人に1人において、眼鏡をかけない視力の著しい低下がみられます。グラフにもあるように、裸眼視力の低下は右肩上がりに増加していて、この多くが近視によるものと推定されています。

学校保健統計調査(平成30年)文部科学省から出典

表:学校保健統計調査(平成30年)文部科学省から出典

※質問をクリックすると各答えに移動します。

近視の原因は?

近視、特に軸性近視の発症には、遺伝的な要因と環境に関わる要因の両方が関与するのではないかといわれています。近視はアジア人に多く、両親、もしくはどちらかの親が近視であればその子どもも近視になりやすいとされています。
環境要因としては近くを長時間見続けていることがリスクとして挙げられ、屋外での活動が少ないことも原因ではないかと指摘されています。
最近は、アジアだけでなく欧米でも若い世代の近視化が進んでおり、スマートフォンやゲーム機器の関与も疑われていますが、現在のところ確実な証拠はありません。

▲ ページ上部へ戻る ▲

近視への対処法

まず軸性近視がみられる場合には、眼科専門医を受診し、眼鏡をあわせる(眼鏡処方をすること)により、しっかりと子どもが黒板などを見えるようにすること。近視は後に述べる治療をほどこせば、その進行を抑制することは可能とされています。ただ完全にその進行を止めることは困難です。
それでも勉強などで近くを見た後は、調節の緊張をほぐすために遠くを見ることはもちろん、できるだけ屋外活動をしましょう。太陽の下で過ごすことは近視進行の抑制効果があるとされています。昔から言われている「よく遊びよく学べ」は、実際は理にかなっているのかもしれません。当然、ここで言う「遊び」は携帯ゲームによる遊びではありません。

▲ ページ上部へ戻る ▲

近視の進行抑制の治療について

【オルソケラトロジー】

オルソケラトロジーをご存知でしょうか。ハードコンタクトレンズの1種で、就寝中に装用し、そのコンタクトレンズの形状で角膜をわすかに変形させることにより、近視を“一時的に”矯正する方法です。“一時的に”というのもこのコンタクトレンズの使用を中止すると、しばらくすれば、もとの屈折度にもどるためです。
ところで、2017年にオルソケラトロジーのガイドラインが改定され、それまで使用は適用外とされていた未成年者にも「慎重処方」という条件をつけて、処方が可能となりました。そしてこのオルソケラトロジーには、近視の矯正だけでなく、近視の進行自体を抑制する効果があることが、近年の研究でわかってきました。
この「慎重処方」という規定がありながらも、小学生など低年齢で処方する例は少なくありません。処方と使用に際しては、間違いのない装用目的とその方法,正しいレンズの管理方法と確実な定期検査,重い角膜感染症などの合併症リスクなどについて、使用者と保護者は、カウンセリングを受け、十分に理解する必要があります。もちろん処方する側の眼科医も、十分に知識を持ち理解のうえで処方しなければなりません。

【低濃度アトロピン点眼】

シンガポールで行われた研究で、低濃度のアトロピン点眼治療を行うことにより、子どもの近視進行が抑制された、との報告がありました。これにならって、日本でも同様の研究が行われています。すでに結果はでていて、正式な報告待ちの状態ですが、研究をもとに厚生労働省による保険適用治療となれば(保険適用外でも厚生労働省が有用であると認めれば)、点眼治療ですので日本でも多くの眼科で導入されるかもしれません。

【低加入度ソフトコンタクトレンズ】

いわゆる遠近両用ソフトコンタクトレンズに近い、加入度のあるソフトコンタクトレンズを装用して近視進行を抑制しようという考えから開発されているコンタクトレンズです。特に日本では、+0.5Dという低加入度のソフトコンタクトレンズを用いて臨床試験が行われました。その結果、子どもにおいて近視進行抑制の効果があったとのことです。もちろん、オルソケラトロジーと同じく、使用方法や管理、安全性について使用者、保護者そして処方する眼科医がともに情報を共有しておく必要があるでしょう。

以上の3つの治療について、現状では未だ一般的に確立した治療とは言えません。ただし、近視治療に関わるエキスパートの眼科医は、その治療について使用者ならびに保護者に詳しく説明し、カウンセリングを経て、それぞれのキャラクターを考慮して適切な治療法を選択されます。時には治療をおすすめしないこともありえます。(当院では、これら治療についてご相談させていただくことは可能ですが、治療の導入には至っておりません。ご了承ください。)
小学校低学年から、近視の治療を始めると効果的ともされています。ただ「眼鏡をかけさせたくない」ためとはいえ、用法を守らず安全性をないがしろにしていると、様々な合併症や副作用などに遭遇する恐れがあります。
近視に関しては、眼科専門医とよく相談し、現状から考えられる適切な対処法を一緒に考えていくことをおすすめします。

▲ ページ上部へ戻る ▲