緑内障

緑内障

見える範囲(視野)がせまくなる病気です。放置すれば著しい視力低下や失明にいたることも。40歳以上の日本人では20人に1人の割合で緑内障にかかっているといわれています。

※質問をクリックすると各答えに移動します。

原因は?

人間の網膜には非常に細い神経線維が分布し、それが一つの「束(たば)」になって脳に光の情報を伝えています。眼底にある視神経乳頭がその「束」の出口に相当します。この視神経乳頭に何らかの原因で「へこみ」(陥凹:かんおう)が生じると、神経線維がやせてしまい光の情報をしっかりと伝えられなくなります。 やがて眼底において神経線維のやせた範囲に相当する視野が欠け始め(視野欠損)、視野が狭く(視野狭窄)なっていきます。

▲ ページ上部へ戻る ▲

緑内障と眼圧の関係は?

視神経乳頭に「へこみ」、すなわち視神経乳頭陥凹が生じる原因のひとつに眼圧上昇があります。成人の正常眼圧はおおよそ10~21mmHg。これ以上に慢性的に眼圧が高い、または数日間にわたり急激な眼圧上昇が続くと、視神経乳頭には強い陥凹が生じ、やがて視野欠損や視野狭窄が起こります。

▲ ページ上部へ戻る ▲

正常眼圧緑内障とは?

たとえ眼圧が正常範囲内であっても病的な視神経乳頭陥凹がみられ、視野狭窄が起きるのが正常眼圧緑内障です。眼圧の正常範囲はあくまで平均値であり、正常眼圧緑内障の人にとってふさわしい眼圧は、もっと低い値と考えられます。

▲ ページ上部へ戻る ▲

どのような症状がみられるのでしょう?

初期には症状はほとんどみられません。進行してから視野狭窄、視野欠損を自覚します。知らないうちに進行していることもあるため、早期発見のためには眼科で検査を受けましょう。

▲ ページ上部へ戻る ▲

どのような検査が必要?

眼底検査を行い、視神経乳頭の形状を観察。眼圧検査も大切で、眼圧が正常範囲内かどうかを確認します。 さらに診断に欠かせないのが視野検査。この検査は非常に重要で緑内障の発見はもちろん、進行の有無を確認することが可能。さらに当院でも導入しているOCT(光干渉断層計)が診断の一助となりえます。OCTは視神経乳頭周囲の神経線維の“やせ具合”をとらえ、緑内障の確認に役立ちます。

▲ ページ上部へ戻る ▲

緑内障の治療は?

基本は眼圧を下げること。それにはまず目薬。これにはいくつかの種類があります。喘息や閉塞性肺疾患、不整脈などの病気がある場合は使えない目薬もありますので、処方前に病気の有無を尋ねます。正常眼圧緑内障でもさらに眼圧を下げ、病気を遅らせるためには目薬が必要です。眼圧は高いけれども視野に異常が見られない高眼圧症では経過観察することもありますが、目薬を処方することも少なくありません。 一方、急激に眼圧の上昇する緑内障発作ではレーザー治療や手術が必要な場合があります。また、目薬の効果が乏しい場合や、視野狭窄がかなり進行している場合には手術が必要になることも。

▲ ページ上部へ戻る ▲

緑内障治療の目標とは?

緑内障の治療の基本は、治す治療ではなく進行を遅らせる治療です。高齢化する社会の中で、日常の生活にとどこおりがないように、視力と視野を確保することがねらいです。個人個人の眼圧をできる限り健常な値に設定し、日々の暮らしを健やかにたもつことが緑内障治療の目標と言えるでしょう。

▲ ページ上部へ戻る ▲